ユーラシア研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ユーラシア研究所(ユーラシアけんきゅうじょ)は、ロシアと始めとしたユーラシア諸国(ロシア・ウクライナベラルーシバルト三国モルドバコーカサス中央アジア)の、歴史、経済、社会、政治、教育、文化、自然科学技術の総合的研究の振興を目的とした研究機関。東京都世田谷区東京ロシア語学院の校舎内にある。月刊の『ロシア・ユーラシアの経済と社会』と半年刊の『ユーラシア研究』の二つの学術誌を発行し、年10冊発行されている「ユーラシア・ブックレット」シリーズの編集を行っている。

概要[編集]

1989年に発足。研究員による研究所としての活動の他、頻繁にセミナーシンポジウムを開いている。維持会員を募集しており、研究職以外の人でも活動に参加することができる。また研究活動に当たり、「日本国民とロシアなどユーラシア諸国の国民との相互理解と友好の発展という観点」も重視している[1]。学術誌『ロシア・ユーラシアの経済と社会』は2015年12月号で第1000号目を迎える。「ユーラシア・ブックレット」シリーズは2015年に200冊目を達成した。

脚注[編集]

  1. ^ 研究所のご案内

外部リンク[編集]